今すぐリゾバを辞めたい人へ。飛ぶのは損でしかありません。

リゾバ退職




「リゾバって、便利な反面、リスクが高いと思いません?」

リゾバスタッフ仲間に聞かれました。

どうして?

会社側は直接面談せずに雇用するからリスク高いかもしれないけど、私たちにとってはメリットだらけじゃない?

「でも、実際行ってみるまで職場も部屋もどんなんか分からないじゃなですか。行ってみて嫌な職場でも、簡単には辞められないでしょう」

なるほど、それをリスクと考えるのか。

それを言ったら県外で就職する人なんていくらでもいるわけだし、数ヶ月単位で就職活動して一生の仕事と人生かけるつもりで決めた仕事がブラックだったら・・・リゾバとは比べ物にならないほどのリスクだと思うのだけど。

リゾバに何のリスクも感じない私は、分かったような分からないような気持ちで相槌を打ちました。

「まぁ、私はいつも3ヶ月までしか契約しないんで大丈夫ですけど。どんなに嫌な職場でも3ヶ月なら耐えられるじゃないですかぁ」

彼女はその後、任期を半分以上残して飛びました。

飛んだとは、いわゆる「連絡なしで職場を辞める」こと。

ある日荷物をまとめていなくなることです。

リゾバ求人を見ていると、「途中退職者ゼロ!」なんて書いてあるのを見かけます。

途中退職者ほとんどいません!なんてのもあって、少しはいるってことですよね。

途中退職者が少ししかいないことを売り文句にするってどういうこと?

たった3ヶ月程度の契約なのに、途中退職も何もないでしょうと始めは思っていたのですが、これがけっこういるんです。

たった数ヶ月間も耐えられない人たちが。

まぁ、ここでは途中退職者を非難するのはやめます。

自分ももしかしたらどうしても一緒に働きたくない人が現れて、期間内に辞めたくなってしまう可能性もありますので。

問題は辞め方です。

飛ぶなんていう辞め方は、デメリットだらけで、誰にもいいことなんてありません。

辞めるのはこの際仕方ないとしても、とにかく連絡を入れましょう。辞める前に、リゾバ会社の担当者に

「これこれこういうことがあって、これ以上働くことができないので辞めようと思います」

と一言伝えるだけです。

もしかしたら、

「今月いっぱいは頑張ってください」

なんて期間を決められてしまうかもしれません。

明日から行きたくないのに・・・やっぱり相談なんかしなければ良かったと思うかもしれません。

それでも、一言相談してみる価値はあります。

うまくいけば、リゾバ会社の担当者が職場に連絡して、問題解決の方向で動いてくれる可能性もあります。

職場環境が良くなって、辞めたくなくなる可能性だって大いにあります。

私も「ここのリゾバ辞めたい!」と思ったことは何度もあります。

というか、どの職場でも、必ず一回は早く辞めたいと思ってしまいます(笑)。

理由は多くの人と同じです。

  • 人間関係に問題がある
  • 仕事内容が予想していたものと著しく異なる(またはキツイ)
  • 寮が汚い、またはうるさくて眠れない

人間というのは、環境が変わることを嫌います。

今まで生活していた場所が安住の地、つまりコンフォートゾーンであって、そこを出ることは、今までより不快な環境に行くことを意味します。

だから、最初はどうしても新しい環境に馴染めないし、早くコンフォートゾーンに戻りたいと思ってしまうのです。

それ以外の辞めたい理由には、上司が気持ち悪いとか、早起きがツライとか色々ありますが、どんな嫌な理由があっても、これまでは全て期間満了してきました。

飛ぶ人がいるような職場で、忍耐強くない私がそれでも期間満了しているのは、誰かに不満をぶつけたからだと思います。

私はある職場で、タイムカードを中途半端な時間に切らされるとこが3日続いたため苦情申し立てをしました。

いわゆるクレームをつけたというやつです。

あと2分というところで急かされるように上がらされ、15分間の労働分が切り捨てられる。

海外ではあまりこういうことはされないので、どうにも納得がいかなかったのです。

リゾバ会社の担当者は、これくらいで・・・一ヶ月以上続くならまだしもたった3日で・・・と私をたしなめる様子でしたが、職場には伝えてくれたようです。

翌日からは少し早めに上がることができ、終電にも間に合うようになりました (それまではギリギリアウトで、後発の送迎車を30分ほど待たなければならず、帰宅がかなり遅くなっていました)。

このことが解決されたら、あとの人間関係や仕事がキツイことは私にとっては些末事でしたので、問題なく期間満了できました。

もちろん、職場に直接言える場合はその方がいいです。より早急に解決してもらえるかもしれないからです。

上とは別の職場でのことです。

客室寮と聞いていたのに、ある日突然汚くて臭い寮部屋に移らなければならなくなりました。

求人条件と異なることだったので、私はすぐさま客室に戻れるようマネージャーに相談しました。

「この時給でも、寮が客室でキレイだからここに来たのに」、「客室寮でないのなら辞める」と支配人に直談判もしました。

その甲斐あって、残りの期間は最後まで客室寮で暮らすことができました。

直談判しなかった人は、客室に戻ることはありませんでした。

またこんな例もあります。

待ちに待った休日に何の断りもなく出勤シフトを入れられてしまった人がいます。

休日の前後はどちらも7連勤。もしこの日に出勤してしまえばなんと15連勤。

すごく楽しみにしてたのに~と半泣きになる彼女に、

「たぶん間違いですよ。言いに行きましょう。少なくとも代休をもらわなきゃ」

と声をかけたのですが、彼女は

「もういいです。完全にやる気なくなった」

と言い、翌日辞めました。

飛んだわけではありませんが、ほとんどの人からしたら挨拶もなく突然いなくなったという状況です。

交通費も途中退職なので支給されません。

彼女は以前から積もり積もった不満があり早く辞めたがっていたそうで、休みの件はきっかけに過ぎません。

でも、3ヶ月契約を1ヶ月半で辞めてしまった人に対するイメージは、やはり「無責任な人」もしくは「こらえ性の無い人」でしかありません。

私は元々1ヶ月半の契約でしたので、彼女と働いた期間は同じです。でも私は期間満了、彼女は途中退職。

彼女の利用したリゾバ会社はアルファリゾート。

3ヶ月未満の求人はほとんど持っていません。こちらから3ヶ月未満の案件があるか尋ねても、無いと即答されます。

対して、私が利用したアプリリゾートは、3ヶ月未満の求人を多数抱えています。さらに元々の募集条件が3ヶ月以上でも、先方に相談し、短期契約可で紹介してくれたりします。

会社選びの際、時給が高い方を選ぶ人が多いのは言うまでもありません。

ですが、彼女と私のケースはどうでしょう。

彼女は3ヶ月契約で時給は1080円、交通費も最大5万円のアルファリゾート

私は1ヶ月半契約で時給1000円、交通費7500円のアプリリゾート

いくら契約時に約束した交通費の額が大きくても、途中退職で支給されないとなっては意味がありません。

ゼロなので、全額自己負担です。時給も私よりかなり高かったのに、交通費を引いたらあまり変わりません(それでも彼女の方が手取りが多いですが)。

働く条件は同じですが、1ヶ月働いた時点で「あと2ヶ月も残っている」のと、「あと半月でおさらば」なのでは気持ちの余裕がまったく違います。

彼女はリゾバ会社の選択を間違ったのかもしれません。

もちろん、途中退職するつもりで働き始める人なんていませんから、アプリにすれば良かったなどと言うのは結果論に過ぎません。

とにかく、飛ばないこと。

不満があれば誰かにぶつけてみることで、損をしないで済むかもしれません。

「言うだけタダ」という気持ちで、不満があれば言えばいいんです。

それでも解決しなければ、その時に辞めることを考えてもいいです。

何より期間満了して、みんなにお疲れ様って送り出してもらう方が気分がいいです。

始めから長期契約しないことも途中退職しないためには重要です。

気に入ればいつでも延長はできます。最初はリゾバ会社に「不安なのでまずは短期でお願いします」と言ってみるのもいいでしょう。

期間があまりに短いと職種などの面で選択肢が狭まりますので、それだけは妥協しなければなりません。

3ヶ月契約であれば、どのリゾバ会社でも、ほぼすべての求人に申し込めますが、無理は禁物です。

選択肢の多い職種は何といっても仲居。

どこの旅館でも万年人手不足なので、時給の高い求人が見つかる可能性が高いです。短期可能求人が多いのはレストラン。

覚えることも少ないので初めてのリゾバに向いています。

長期のみがほとんどですが、体力に自信の無い方はベルや売店がおすすめです。

売店は人気が高く、元々あまり募集がかからない職種なのでレア求人と言えます。

個人的に気に入っているのはフロントです。

英語が使え、体力の消耗があまり激しくないので自分に合っています。

みなさんが、長く楽しく続けられるお仕事に出会えますように!

【リゾバ会社比較】リゾバ歴10年の私が語り尽くします。

2017.05.29