自然豊かな熊野の里「熊野倶楽部」へ

熊野倶楽部からの風景




大阪を早朝出発。大台ケ原トレッキングの後は熊野へ移動して世界遺産巡り。

鬼ヶ城 → 花の窟神社 → 獅子岩。

濃密な一日。

【熊野世界遺産巡り】獅子岩~花の窟神社編

2017.08.24

【熊野世界遺産巡り】鬼ヶ城編

2017.08.18

大台ケ原ハイキング【東大台ケ原完全クリアコース】

2017.08.17

疲れた体は熊野倶楽部で癒やしましょう。

ということで、今回は熊野倶楽部のレビューです。

妻が前から泊まりたかったようで。

里創人 熊野倶楽部 :一休.com

熊野倶楽部の敷地は広大で、敷地内は基本バス移動。

部屋から駐車場も遠いので、一旦チェックインしたら、基本は外に出ません。というか、外に出ても何もありません。笑

敷地内施設は充実しているので、別に外にでなくても、敷地内でゆったり散歩もできます。

部屋からお風呂までも数分歩きますので、帰りは汗だく。蒸し暑いこの時期はちとキツイ・・・。

バスに乗ればいいのですが、すぐに来てくれるわけでもないですし、わざわざ数分の為に呼ぶのも悪いかなと。笑

熊野倶楽部の宿帳場

駐車場に車を停めたら、どこからかスタッフさんが見てくれているのか、バスが到着。バスに乗って宿帳場に連れていってもらいます。

施設の案内などの説明を受け、その場で作務衣や浴衣も自分で選べます。浴衣は苦手なので私は作務衣。

チェックインを済ませてお部屋へ。

部屋までスタッフさんが荷物を運んでくれるのですが、宿帳場から部屋まで距離がありますので、非常に申し訳なかったです^^;山登りグッズなども入れていたので激重です。

体を斜めにしながら一生懸命運んでくれました。。。自分で持ちますよと言っても渡してくれるはずもなく。

お部屋はこちら。

やすらぎの座・青龍

長閑の里・青龍の「鶏」というお部屋。

はなれの新月の庵・満月の庵がコテージタイプのようです。

熊野倶楽部:客室
https://www.kumanoclub.jp/room/

ベッドルーム

ベッドルーム。シングルが2つ。ベッドは寝心地がよく、ぐっすり休めました。

バルコニー

バルコニー。

この日は暑すぎて外には出れない。。。。

翌日朝のバルコニーからの眺めは最高でした。

大台ケ原をトレッキングして、世界遺産巡りをして、灼熱の中動き回って汗だくなので、早速、お風呂へ。

熊野倶楽部の敷地内道路

熊野倶楽部敷地内のプライベート道。

お部屋を出てお風呂まではこんな感じの道になってます。

熊野倶楽部のお風呂

お風呂は少し残念な感じでした。

天然温泉ではありません。また、チェックイン後の時間帯も日帰り入浴OKなので、入浴客が非常に多かった。

お子さんもたくさんで、スーパー銭湯の様相を呈してましたね。笑

ゆっくり浸かることはできませんでした。夜の遅い時間がベストなのかな。

チェックイン後は宿泊客だけにしてもらえると有り難いなと思いますが、まあ仕方ありませんかね。

入浴後は部屋まで歩いたのですが、暑すぎて部屋に着いたら既に汗だく・・・意味無い。。。。

日本の夏はなぜこうまで暑いのか。てか、湿度がやばいですね。

部屋で進んでぼーっとしてたら、食事の時間になりました。

お風呂は正直いまいちだったのですが、ご飯はばっちり\(^o^)/

料理長のセンスを感じました。

どのお料理も本当に美味しかった。

お品書き 先付

蓴菜トゥルントゥルン。

熊野灘のお刺身

あわび多い!

顎痛くなるくらい。贅沢。

鮎の唐揚げ

鮎独特の臭み&苦味なし!

唐辛子もとても美味。伏見の唐辛子。

メインのお肉

メインのお肉。地元国産牛のステーキ。松阪かな?

写真が下手っぴですが、ボリュームあります。

柔らかくて、かつジューシー。良いお肉を使っていると思われます。

食後のデザート

デザート。

食事はたしか17:30と19:30で選べたと記憶していますが、我々は17:30。

食事を終えたら19時を回ってました。

日が落ちてようやく涼しくなってきました。

食後の散歩

日本酒も頂いたのでほろ酔いつつ、テレビを見たりしながら、就寝。22時前には寝てました。健全。

翌朝です。

起きたらこんな景色が目の前に広がっていました!!

バルコニーからの景色 熊野倶楽部からの風景

朝6時です。

一番風呂に入ってやろうと早くに起きてみたのが正解でした。

里に下りてきている雲が幻想的です。

朝焼け

敷地内もいい感じ。

お風呂まで眠い目こすりながらフラフラ歩く道すがら。

野花

朝から一人でこんな道をのんびり散歩できるなんて特別ですよね。

ところどころ季節のお花が咲いてました。

肝心のお風呂ですが、やはりみな朝は早い。笑

一人でのんびり浸かれるかなと思ってましたが甘かった。8人くらいいました(ちくしょう)笑。

熊野倶楽部からの風景その2

日が上ってからの風景も抜群。四季折々、いろんな表情を見せてくれるんでしょうね。

朝は空気が澄んでいて、気持ちがいい。

朝食。

熊野倶楽部の朝食 朝食その2

朝食も夕食と同様、とても美味しゅうございました。

この辺りはさんまが名物なのでしょうか。前日もサンマの焼寿司が売ってあったし(柿の葉寿司ゐざさ)、この朝食もサンマ。

新宮に向かう国道沿いにもさんま料理の看板がいくつか立ってました。

朝食後、部屋で少しまったりとしてチェックアウト。

バスで駐車場まで送ってくださいます。

バスの中。

熊野倶楽部の周回バス

この周回バスがタイミングが悪かったら5分とか10分待たなければなりません。

敷地内の移動がもう少しスムーズにできればなぁと思いますが、まあそれも熊野倶楽部というお宿のコンセプトのうちの一つなのでしょう。

お会計・宿泊代金

お風呂と移動のスムーズさに関しては少し残念でしたが、お部屋&お料理は抜群でした^^

後はやっぱり景色がいいですね。

リラックスしてゆっくり体を休めたいときには最適なお宿だと思います(部屋から出て移動するのも一苦労なので素敵な部屋でゆっくりせざるを得ない)。

妻の実家から2時間ほどの場所。

また近くまで来ることもあるかもしれないし、機会があれば別の季節に宿泊してみたいなと思います!

チェックアウト後は、熊野速玉大社と那智大社へ!

世界遺産巡りはまだまだ続きます。

【世界遺産】熊野速玉大社(神倉神社)と熊野那智大社へ。

2017.08.31