【武庫川新春ロードレース大会2018】河川敷コースを走ってきました!

参加賞Tシャツ

武庫川新春ロードレース大会は、毎年1月に西宮市にある武庫川の河川敷で開催されるハーフ、10km、3kmの大会です。

年明け一発目の大会として毎年参加されているランナーさんも多くいるようです。

武庫川新春ロードレース大会

大会HP:http://www.e-marathon.jp/mukogawa-r/

この大会は、大会2週間前に「参加案内・計測タグ・ナンバーカード・参加賞引換券」が郵送されてくるので事前受付がありません。

もし不参加になった場合は計測タグを同封の返信用封筒を使って返却すればOKです。

受付が要らないっていいですよね。わざわざ早く行く必要もないですし、当日ゆっくりできます。

大会実施要領

お正月明けのトレーニングにちょうどいいかと思い、今回はハーフの部に初参加です。

ハーフの定員は男女1,500人、参加費は3,500円とお手頃。

そして、表彰が男女別・年代別(39歳以下と10歳ごと)に1位~6位まであるので、もしかすると入賞?なんて淡い期待。

武庫川河川敷コース概略図

めちゃくちゃシンプルなコース図。笑

スタート・ゴール地点から北の折り返しまで走って、スタート・ゴール地点を通り過ぎて南の折り返しで折り返して、また北の折り返しまで走ってゴール。

つまりひたすら河川敷を走る周回コースです。なんか今シーズン河川敷ばっかり走ってるなぁ。。。

会場

会場は、JR甲子園口から歩いて10分ほどです。

ランナーさんが歩いているので迷わず到着。部門によってスタート時間が分かれているのでそれほど混雑していませんでした。

ちなみにハーフのスタート時間は12時です。

会場には更衣場所のテントが男女とも1箇所しかないので混雑必須。

あと荷物預かりがなく、ブルーシートが広げられているところに自由に置けるようになっています。貴重品だけ有料で預かってくれるようになっていました。

この規模の大会ではこんな感じでしょうね。

大会というよりは練習会といった雰囲気ですね。

荷物置場

みなさん慣れているようで、荷物置場には置かずに新聞やシートを持参してそこに着替えや荷物も置いていました。

参加人数もそこまで多くないので、全体的にあんまり混雑してるって感じはなかったです。

ボランティアの方がきちんと案内してくれていたので、トイレもスムーズに利用できました(男性のトイレは渋滞してましたが)。

出店ブース

少ないですが屋台もでていましたよ。

しかし、大たこ焼の屋台はどこの大会に行ってもよく見るなぁ~。笑

フィニッシュ地点

スタート・ゴール地点です。

この日の天気は曇り。寒波の影響で12時でも気温が6度。河川敷で風が冷たい。。。

12時スタートで11時40分頃からランナー整列開始。

といってもブロックがないのでまったりな感じです。

コースはひたすら河川敷なので、地面が土だったり、砂利だったり、舗装されていたりと足に優しいのか優しくないのか。笑

確かにフラットなコースだけど地面が凸凹で走りにくい。。。

コースが狭いのでスタート後1kmぐらいは混雑しますが、そのうち自分のペースで走れます。

給水がコース上に2箇所と少なく、距離表示もほとんどないのでひたすらガーミンとにらめっこです。

やっぱり河川敷は風が冷たい。周回コースなので向かい風と追い風の繰り返し。

強風じゃなかったけどじわじわボディーブローのように効いてくる。

最後の直線が追い風になると思っていたのに、3km手前ぐらいで向かい風に変わったときは終わったと思いました。。。。

完走証

グロスで1時間46分40秒。

残念ながら年代別で11位。やっぱり40代女子は強い!!

GPS時計

ガーミンだと1時間46分22秒なのでロスタイムが20秒ほどですね。

ちなみにネットタイムは計測されませんので、タイムを狙っている人は早めに並ぶほうがいいですよ。

ラップタイム ラップタイム後半

最初の1kmの入りがやっぱり遅かった。ちょっと渋滞したから仕方ないか。。。

ラストスパートしたつもりがぜんぜん速くないし。笑

やっぱり演習不足やなぁ。。。1時間45分切りたかった。残念。

参加賞Tシャツ

参加賞のTシャツはサイズによって色が異なっていました。Sサイズはブルーです。

大会レポではあまり高評価ではありませんが、過度な期待をしなければ総じて良い大会だと思います。

運営スタッフさん、ボランティアスタッフの皆さんありがとうございました!

-スポンサーリンク-