比叡山登山 京都ルート【修学院~雲母坂~延暦寺~日吉大社~坂本】トレッキングと比叡山観光をダブルで楽しめる!

比叡山山頂付近の眺望




瑠璃光院観光の後、修学院駅まで戻って比叡山トレッキングスタートです(瑠璃光院観光の様子はこちら↓↓)。

京都八瀬 瑠璃光院の特別拝観へ【アクセス、混み具合、待ち時間、御朱印は?】

2018.05.28

ケーブルや車で延暦寺に行ったことはありますが、徒歩では初。

楽しみです。

京都から滋賀へ横断でき、かつ、延暦寺や日吉大社にも参拝できるという黄金コース。

瑠璃光院観光を終えてからのスタートなので必然的にスタートが遅くなりましたが、山と高原地図のコースタイムでは4時間半ほど。

11時スタートになりましたが、最悪何かトラブルが起きてもケーブルで下りてこれますし、大丈夫かなと^^

では、まずはコースタイムやGPSマップなどを。

コースタイム

コースタイム

山と高原地図のコースタイム通りですね。4時間半弱。

お昼休憩、延暦寺大講堂・根本中堂・日吉大社などでの参拝時間を含めてこのタイムですから、どこにも寄らず普通に歩くだけならもうちょっと短縮できるかもしれませんね。

コースマップ

GPSマップ

一番左がスタート地点の叡山電車「修学院駅」です。そして一番右側が「JR比叡山坂本駅」。

途中、ルートが直線になっているのはGPSウォッチを一時停止してしまっていたからです。

比叡山延暦寺近辺で「大比叡(山頂)」を探したのですが、ミスコースをしてしまっていたようで、今回は行けませんでした。

他の方のブログを見ると、山頂は展望も無く三角点も無い。見つけるのも大変。と書かれていましたが、その通りになってしまいました。笑

まあ山頂よりも延暦寺観光が目的ではあったので問題なしです。

標高図

標高図

こちらも途中GPSウォッチの誤操作で切れてしまってます。

ご覧の通り、ひたすら登ってひたすら下りるトレイルです。

修学院方面からの上りはかなりきついです。

特に雲母坂(きららざか)は強烈です。

まあこの日は真夏さながらの陽気でしたから、特別そう感じたのかもしれませんが^^;

途中、水飲み場も自販機もありませんので、水分には余裕をもって臨みましょう。

夏場だと最低でも1.5リットルは必要でしょうね。

頂上周辺まで登れば眺望も出てきますが、さすがは修験道だけあって、全体的には道も狭く、風通しもあまりありません。

心を無にしてひたすら登るのみです^^v

トレイル自体は退屈に感じるかもしれませんが、延暦寺まで登ってしまえば観光もできて、レストランや売店もありますし、ご褒美はたくさんです。

頑張った甲斐はありました^^

では、スタートです!




修学院駅

叡山電車修学院駅

叡山電車修学院駅。

ここから登山道まで25分ほど町中を歩きます。

鷺森神社

鷺森(さぎもり)神社を左に見ながら直進。

比叡山が見える

比叡山が見えてます。この信号を渡り、川沿いを上がっていきます。

音羽川 修学院離宮

修学院離宮まで直進。

駐車場

コース内にあった駐車場。満車。

このコースは電車がいいでしょうね。ピストンであれば良いと思いますが。

赤山道

左赤山道の石標。ここは直進。

修学院離宮入り口

修学院離宮に突き当たりますので、ここを右です。

解脱山

解脱山。禅のお寺。境内に咲いている花が素敵。禅の心ですね。

宮内庁保存区域

修学院離宮を反時計回りに歩くと、左手に宮内庁の保存区域が。

特別保存地区

歴史的風土特別保存地区。

左折

曼殊院という看板が出てきたらその路地を左に曲がります。この看板を見落とすと直進してしまいますので、ご注意ください。

ここを曲がればひたすら直進。すると「雲母坂登山口」が見えてきます。

雲母坂登山口へ 川沿いを東へ

川沿いをひたすら直進。

雲母坂登山口

雲母坂登山口

到着です。更に進みます。

比叡山登山口へ カエンタケ

猛毒!

カエンタケってなんぞや?

こんな気持の悪いキノコ誰も触らんやろう!?

でも、子供だと無邪気に触っちゃうんだろうな。。。

気を付けなければ。

カエンタケ、覚えておこう。

気を取り直して更に進む。

この辺りはまだ勾配もなく、気持ちよく歩けます。

雲母橋

雲母坂と雲母橋。

写真に収めて後でじっくり読もうと思ったのですが、読みにくい。。。

雲母橋

雲母橋を渡って1分ほどでまた登山口が出てきます。

親鸞聖人

親鸞聖人もこの雲母坂を登って延暦寺へ修業に行っていたのだろうか。

歴史ロマンですな。

比叡山登山口案内

比叡山登山口案内。

雲母坂登山口→比叡山登山口と、この京都ルートには登山口が2つあります。ややこしいですね。ですが、同じコース上にあるので間違えることはありません。

比叡山登山口

比叡山登山口到着。

ここまで30分弱。いいウォーミングアップになりました!

いざ、比叡山延暦寺へ!

取り付き

取り付き。いきなり急登。

比叡山トレイル

鬱蒼としているな。。。シダ植物も苦手だし。。。

さすがは修験道。

比叡山トレイルその2 尾根道

尾根道に出ました。風もあり涼しい。が、気温、湿度は上昇中。

巨木

倒木。でかい。オブジェのよう。

京都一周トレイル

ここから京都一周トレイルに入るのかな。京都のお山は詳しくありませんので、よくわかりません。

ケーブル比叡駅、比叡山方面へ。

水飲封陣之跡

水飲封陣之跡。ここで小休止。

ポケモンGOのジムがあったので我がポケモンを設置しておきました。

比叡山トレイルその3

眺望もよくなってきました!取り付きからここまで30分ほど。

倒木

道を綺麗に塞ぐ倒木その2。

台風ってこわいね。

京都1周トレイルその2 階段

まだまだ上ります。

尾根道その2

木陰が有り難い。新緑に癒やされる。

比叡山トレイルその4 京都一周トレイルその3

この地図が非常にわかりにくい。展望良のポイントまで行って引き返して来たのですが、なぜか山頂には行けず。

比叡山トレイルその5 ケーブル

ケーブル駅。ケーブルの真下を通ります。

ここまでは山頂へのルートで間違いなかったはずですが、ここを進んでからしばらくすると、右にそれて山頂へと入っていくトレイルがあったのだろうと思います(山と高原地図によると)。

スキー場

スキー場を横断せずに右に曲がれば山頂だったのかな~。

スキー場横断

スキー場横断が気持ちよさそうなのと、延暦寺に早く行きたいのとでミスコースしちゃいましたね。笑

山と高原地図に忠実に行けば間違えることもなかっただろうな。

まあでも延暦寺を思いっきり楽しめたのでよかった^^

延暦寺東塔へ

この看板出てきちゃったら吸い込まれるようにこっちに行っちゃいますよね~。笑

結果としてこんなに良い眺望にも出会えたし。

比叡山山頂付近の眺望

綺麗です。夏の山に来たなーという感じ。

梅

と思っていると梅?っぽい花もまだチラホラと。

そろそろどこかでお昼休憩にしようかと場所をさがしていると、ちょうど良いポイントを見つける。

お昼休憩

絶好のポイント。

お昼休憩

ここでお昼休憩。

出町柳駅の駅までのおにぎり屋さんで購入しておいたおにぎり!

おにぎり

おにぎりはもちろん、唐揚げもめっちゃうまい。唐揚げも1パック150円くらい。コスパ最高。

一瞬で平らげる。

山で喰らうおにぎりは、高級ホテルの鉄板ステーキにも勝る。

お山に行かれる方には分かってもらえるでしょう。

眺望も最高です。

展望良し ベンチ

ベンチもあるし、ここで休憩がベストかと思います。

休憩後、延暦寺方面へ。大比叡(山頂)に行くのは次回にしよう。

延暦寺へ

ここからはもう平坦な道になります。

鎮護国家

国を鎮め護って頂いております。

東海自然歩道

東海自然歩道に合流。

延暦寺境内

すでに延暦寺境内に入ってました。

弁慶水

弁慶水。この小屋の横の木がとんでもなく大きかったです。

比叡山延暦寺 大講堂・根本中堂へ




比叡山延暦寺案内板

お堂には参拝するつもりでしたので、奥の小屋で巡拝券を購入。

一人700円でした。

延暦寺境内へ

案内をもらって中に入ります。

通り抜けるだけの場合はお金は要らないみたいです。

我々のように大講堂や根本中堂の中に入る場合は、きちんとここでお金を払っておきましょう。

戒檀院

戒檀院。

大講堂

大講堂

中に入ってお参り。

大日如来の他、道元禅師、法然上人、親鸞上人など多くの宗派の開祖さんも祀られていました。

もちろんお釈迦さんも。

鐘

撞かせていただきました。根本中堂方面まで歩くと、売店があったのでおやつを。

葛餅

葛餅。

うまい。

根本中堂

根本中堂

根本中堂は現在大改修中。60年ぶりとのこと。

ですが、中には入れました。

比叡山延暦寺境内略図

根本中堂参拝後、滋賀方面比叡山坂本駅まで下りるトレイルを探します。

山と高原地図があればすぐに分かりますが、お持ちでない方は延暦寺会館方面に向かいましょう。

その辺りにいけば分かります。分からなければ会館の係員の人に聞けば教えてくれると思います。

ということで滋賀坂本方面へ。

こちらのトレイルもひたすら下り。アップダウンはありません。ガレ、浮石が多いので捻挫には気を付けてください。

ゆっくり歩いても1時間かからないと思います。コースタイムも比叡山坂本駅まで1時間25分です。

古びたお堂

かなりくたびれているお堂。

比叡山トレイルその6

落ち葉で滑りやすくなってました。

坂本へ 琵琶湖

ひたすら下ります。琵琶湖が見えてきました。テンション上がりますね。

琵琶湖ビュー

琵琶湖ビュー。綺麗ですね。最後の目的地である日吉大社ももうすぐ。

滋賀県

滋賀県に入る。

比叡山トレイルその7

舗装路に入りました。

日吉大社に続く階段

この階段を下りれば日吉大社です。

日吉大社

日吉大社に到着

日吉大社は大阪に引越してきてから2度目の参拝。

おさるさんのお守りが可愛いんですよね。お猿のマサルさん。

神猿

見えにくいと思いますが、檻の左の方にマサル(神猿)さんがいます。

神猿

魔が去る。何よりも勝る。マサル(神猿)さん。素敵ですね。

西本宮

西本宮。国宝です。ちなにみ東本宮も国宝。1350年かー。歴史を感じますね。

日吉大社は、日本の首都であった京都(平安京)を護るため、鬼門にあたるこの場所に鎮座しています。言うならば1300年以上も日本の首都を護って下さっているんです。

ありがたい。参拝しておきました。有名な「神猿君みくじ」もしておきました。

大吉でございました。

ありがとうございますm(_ _)m

東本宮へ

東本宮にもさっとお参りして、駅へ向かいます。

早朝大阪を出発して、瑠璃光院観光の後にこの行程を踏んでいるので結構疲れてます^^;

日吉大社から比叡山坂本駅までは1.5キロほど舗装路を歩きます。

JR比叡山坂本駅

ゴール!

トレイルを歩いている時間はそこまで長くなかったのですが、瑠璃光院観光を含め活動時間は長かったので、まあまあ疲れました。

が、その分、充実感もありましたね^^

この後、大阪の天満まで戻ってここでお肉食べて帰宅しました。

くたびれましたが最後にタンパク質も補給して良い1日となりました^^v

天満の沖縄ステーキ「さぎり」。ウルフギャングやBLTよりも安くて旨い!

2017.11.09

比叡山京都~滋賀ルートの統括

京都側からのトレイルはひたすら登りで、結構くたびれました。

滋賀方面に下りるトレイルもひたすら下り。

山頂まで上がれば延暦寺で観光が出来るのでご褒美は抜群、総合的には良いコースでした(^-^)

京都側から歩いて登ってケーブルで下りる、あるいは其の逆で滋賀側から歩いて登ってケーブルで下りるのであれば、登山初心者の方でも十分に楽しめそうな山ですね^^

何と言っても山頂まで辿り着けたら延暦寺を観光できるのが一番の魅力です。

みなさんも比叡山登山、無理のない範囲でぜひチャレンジしてみてください!