チャイナ・タウン散策(お釈迦様の歯が祀られる新加坡佛牙寺龍牙院)⑧

マックスウェルフードセンター内「天天海南鶏飯」のチキンライス

チャイナタウン散策(スリ・マリアマン寺院)⑦

2017.09.25

シンガポール仏牙寺龍華院 (しんがぽーるぶつがじりゅうかいん)と読むようです。

こちらはヒンズー寺院とは違い、日本人である僕にとっては馴染みのある仏教寺院です。

大陸系の寺院は、当然ですが国内の寺院とは趣が全く異なりました。

絢爛豪華です。

シンガポールだからかもしれませんが^^;

仏陀の歯が祀られている仏教寺院

館内は過度な肌の露出は禁止。脱帽です。

妻はノースリーブを着ていたので、係の人からストールを着用するように声をかけられていました。

ストールは貸してくれるみたいです。というより、入り口に大量に貸出用のストールが用意されていました。

こちらの寺院を参拝するときは女性は気を付けた方がいいかもしれませんね。

お供え物

日本の寺院と違ってお供え物が若干ポップな感じです。

色彩豊か。笑

本殿

きらびやか。

さきほどのヒンズー寺院スリ・マリアマンもそうですが、どこも結構派手ですね。

日本の寺院は侘び寂びがありますが、海外の寺院は主張が強いというか(笑)、華やかです。

仏像

添えられている花は胡蝶蘭でしょうか。

日本の寺院では胡蝶蘭もあまり見かけないような。

たくさんの仏像 たくさんの仏像その2

お線香の上げ方やお参りの仕方も日本とはかなり異なってました。

膝を付いて手を合わせてる方が多かったです。

シンガポールは宗教は何が多いのかな。華人が多いといえど仏教がメインではなさそうですし、街にも寺はあまり多くないように感じました(僕のリサーチ不足かもしれませんが)。

とは言え、ここにお釈迦様の歯が祀られているとは、何ともスケールが大きいですよね。お釈迦様が入滅されたのは約2600年ほど前のはずですから。

よく残っていたものです。

参拝

横から。

天上の装飾もすごいですね。

曼荼羅とかこういった壁画の造詣が無さすぎて、どういう意味があってどのくらい高価なものかが一切わからないところが痛い・・・

もっと勉強しないとですね。

仏教徒の国で生まれ、育った私ですからね。何も知らない無教養とはおさらばしなければ。

小一時間ほど館内をまわって、観光終了。

ほどよくお腹も空いてきたので、念願のチキンラーーーーイス!

こちらのお店に行ってまいりました。

マックスウェルフードセンター内にある「天天海南鶏飯」。

有名店みたいです。

フードセンターの中でこのお店だけが行列でした。他のお店は客もまばらで可愛そうな気もしましたが、致し方ありませんね。弱肉強食。

マックスウェルフードセンター内「天天海南鶏飯」の行列

13時前に行って100人ほどは並んでいたように思いますが、調理が早いのとフードコートなので客が履けるのも早いので、30分くらいの待ち時間で済んだと思います。

日本国内ではここまで並んでいたら他のお店にしますが、海外だともう一生これないかもと思うと強迫観念で並んでしまう。笑

マックスウェルフードセンター内「天天海南鶏飯」のチキンライス チキンライス

妻とスモールサイズ2つを注文。

ボリュームもあるし、なんといっても絶品。ビールも一緒に飲めたら良かったのですが、フードコートなのでそんなにゆっくりもしてられないし、ガツガツっと頬張ってすぐさま移動。

ココナッツ

シンガポールならではか。

ココナッツまるまま一気飲み。ハワイとかにもあったような。

僕はあまりココナッツ全般得意ではないのでパス。

それにしても、シンガポールのフードコートは安い。ボリュームもあるし、味もいいし、そりゃ太ります。

フードコート内の風景

現地の人は結構甘い食べ物やジュースもガンガン口にしてる感じです。

常夏だし、糖分、塩分は必須なのかもですね。

僕も体力には自信ある方ですが、とにかく暑くてほんとバテましたもの。

ビールをグビグビって言うより激甘炭酸ジュースをゴクゴクと飲みたくなる。笑

夜はナイトサファリへ行く予定なので、ここでチャイナ・タウン観光は終えて、ホテルに一旦戻ります。

つづく…

シンガポール動物園ナイトサファリと夜カジノ⑨

2017.09.27

利用制限なし!シンガポール専用
Wi-Fiルーターなら安定感抜群!【シンガポールデータ】