【2017にしのみや甲子園ハーフマラソン】河川敷コースを走ってきました!

ゴール地点

にしのみや甲子園ハーフマラソンは、2016年までは「西宮国際ハーフマラソン」という大会名でした。

2017年から大会名が変わったみたいですね。

大会名のとおりメインはハーフマラソンですが、10キロ、ファミリー3キロ、小学生の駅伝があります。

今回初参加でハーフマラソンを走ってきました!

ハーフマラソンは、阪神本線甲子園駅からスタートして、8キロ過ぎから武庫川の河川敷を延々と走るコースです。

急勾配はほとんどないコースですが、3分の2が河川敷で道幅が狭いと事前に口コミで確認。

これはタイムが期待できないかな?と思いながらも、ちょうど神戸マラソンの2週間前、大阪マラソンの3週間前に開催されるので、調整として走るには良いレースということで、走ってきました!

にしのみや甲子園ハーフマラソンコース図

受付会場は阪神本線甲子園駅を降りてすぐ、甲子園球場の前にあります。アクセス抜群なのがいいですよね。

甲子園球場

だいぶざっくりした感じの大会って言うのが一番の感想。

受付会場前からすでにあちこちでランナーさんが着替えていました。まぁ走る前は更衣室には寄らない人多いですけど。

案内表示

案内表示もこれだけ。ざっくり書いているので、まずは受付に進むとすでに長蛇の列。

女子のハーフマラソンは2ブロックに分けられているだけでした。ちなみに女子10キロもそうでした。

あんまりタイム別に細分化されていないようですね。

ちなみに前回大会の参加人数は、ハーフ3000人、10km1348人。

女子のハーフ参加者は493人だったようです。やっぱり女子は参加者少ない。

受付

受付を終えて荷物を預けるのにうろうろ探しつつ甲子園球場の奥の方へ移動すると手荷物預かりがありました。

トイレもどこにあるかさっぱりわからない。。。そして、スタート地点の案内がない。。。

案内の人に聞くと「道路の向こう側です。」とこれまたざっくり。。。

スタート地点に着くと、なんとハーフマラソンと10キロのスタートブロックが同じ!

スタート時間が同じだったのでまさかと思ったけどこれはびっくり。

ハーフと10キロじゃ入りのペースが違うと思うんだけどなぁ。。。

スタート地点

こんな感じでブロックに入りきらなくて歩道までランナーさんであふれていました。

スタート直後が心配だなぁと思っていたらやっぱり3キロぐらいまでは団子状態。おまけに男子の10キロ、ハーフも同時スタートなので大混雑。

まぁどの大会でもスタート後は物理的に仕方ないですよね。

8キロ過ぎに河川敷に入ると川からの北風で砂埃を顔面に受けます。。。き、厳しい。。。

埃っぽいし向かい風だしでひたすら下を向いて走るしかない。。。

10キロのゴールを横目にここから5キロちょっと河川敷沿いを北に行ってまた戻ってきます。

15キロ過ぎの折り返しまでは向かい風だったんですが、折り返すと追い風に変わるのでここからゴールまでだいぶ楽に走れました。

私は河川敷のコースでも足に優しいので苦にならないのですが、ランナーさんによっては足が取られるので嫌いな人も多いですね。

ゴールはこんな感じです。ランナーさんや地域の皆さんがたくさん応援してくださっていました。
ゴール地点

ゴール後も参加賞の交換場所や更衣室、荷物がどこで受け取れるか案内がなく、みなさん右往左往。せめてアナウンスがあればまた違ったかなぁと思います。

どうやら受付時にもらった参加案内の中に会場案内図があったようですが、スタート前に見ないですよね?帰って気づいた人も多かったと思います。

ちなみに記録証も後日郵送だとの事でした。。。ガーミンして良かった。笑

ゴールタイム

距離が足りないのはご愛嬌ですね。よくあることですし。笑

今年の参加賞はTシャツでした。後から聞いたのですが、毎年参加賞が変わるみたいですね。

デザインがかわいいので、練習のときに着れそう。

完走Tシャツ

口コミでは批判的な書き込みが目立ちますが、ランナー側が過剰な期待をしなければ、全体的にいい大会だと思います。

私は気持ち良く走れましたし、また来年も参加したいと思いました。

ボランティアの皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました!

-スポンサーリンク-