東京で美味しいもつ鍋ならここ!【もつ鍋 やましょう】

もつ鍋やましょう神楽坂店

東京でも大人気のもつ鍋やましょうさん。

東京1号店の人形町店はなかなか予約が取れないことで有名です。

10名以下の予約は、予約する日の2週間前から電話で予約受け付け開始です。

受付開始時間には、まったく電話はつながらず。。。やっと電話がつながっても、年末とあってすでに満席。

藁もすがる思いで神楽坂店に電話してみると、なんと16時から2時間なら空いているという奇跡が。笑

もちろん16時でOKです!

一度行ってみたかったもつ鍋専門店!行く前からワクワクです。

もつ鍋 やましょう 神楽坂店
東京都新宿区神楽坂6-8
営業時間 16:00~25:00
電話番号 03-6457-5347

メイン通りから少し路地を入ったところにある黒い外観の佇まいです。

ちょうど16時にお店に到着したので、早速入ってみることに。

こんな時間にお客さん来るのかな?と思っていたら、後から続々と入店。さすが人気店ですね。恐るべし。

やましょうテーブル席

こちら神楽坂店さんは全席テーブル席ですが、1階の個室を用意してくれていました。

個室は6人まで入れてけっこうゆったりした広さですね。

年末なのに騒がしくもなく、いい感じで過ごせそうです。

お通しすもつ

お通しは酢もつでした。

これがまたうまいっ!!コリコリ食感と(たぶん自家製)ポン酢があうあう。

新鮮なもつってこんなに美味しいんですね。。。お茶碗一杯ぐらい食べれそう。笑

さて、何を頼もうかなぁ~。

やましょうメニュー1 やましょうメニュー2 やましょうメニュー3

今日のメインはもつ鍋なので、お鍋の前に「神楽坂店ベスト10」から馬刺し三種盛りと手羽先の唐揚げを頼んでみました。

〆はうどんか雑炊を絶対食べるので、様子を見つつトッピングを追加しようかな。

馬刺し三種盛り 馬刺し三種盛りアップ

○馬刺し三種盛り:2,000円

とってもきれいなお肉の色。。。

馬刺しは熊本から直送されているそうです。

赤身、霜降りバラ、ふたえごの3種。ふたえごはあばらの近くのお肉で、1頭からわずかしか取れず希少な部位だそうです。

脂の甘さと旨味がたまりません。新鮮なお肉ってくさみがまったくないですよね。

手羽先唐揚げ

○手羽先唐揚:1本160円

揚げたてサクサクジューシー。めちゃくちゃ美味しい。

この見た目で美味しくないわけがない。笑

中はしっとりふわっと、味付けも文句なしです。

もつ鍋 モツ鍋アップ

○もつ鍋醤油味:一人前1,500円

もつ鍋は醤油味と味噌味、辛味噌味の3種類から選べます。

ここは王道の醤油味で。もつ、キャベツ、にら、ゴボウ、鷹の爪、にんにくが入ってます。

もつ鍋は店員さんが火をつけてくれて、沸騰したら呼ぶときちんと灰汁の処理をしてくれます。

「九州産和牛の上質なもつを使用しています」と言っているように、プリプリのもつは臭みがなく、まったくしつこくありません。

ほんっとにもつの色が綺麗。新鮮なのが見てわかります。

噛めば噛むほど旨味のある脂身がじゅわーっと溶けていきます。もつっておいしー!

そして醤油味のスープのレベル高し!

関西人には馴染みのない甘い醤油も悪くないですね。めちゃくちゃ美味しい。

もつ鍋トッピング

○もつ:980円
○長ネギ:280円

やっぱり足りなかったので、追いもつです。笑

お野菜は長ネギをチョイス。どんどんもつの脂が出てきますが、意外と最後まであっさりといただけます。

自家製の辛い柚子胡椒との相性がまた最高でした。

〆はうどんにしました。はぁ~お腹いっぱい。

お酒3杯、ソフトドリンク2杯と食べて飲んで1万円と少しはコスパ高いですね。

接客も丁寧でまた訪問したいと思える素敵なお店でした。

美味しかったです。

ごちそうさまでした。