生駒山トレッキング【石切駅〜生駒山山頂〜額田駅】生駒山の眺望は関西一?明石海峡や淡路島も見える!

淡路島

今回のトレッキングは生駒山。師走の12月30日に行って参りました。大阪に住み始めて3年になりますが、生駒山は初。

もう何年も前になりますが、ドライブで夜景を見に行ったことはありますけどね。トレッキングは初です。楽しみ〜

大阪市内からは電車で40分ほど。

コースはこちら。

近鉄石切駅〜生駒山頂〜近鉄額田駅。

生駒山登山のコース図

コース図

実際のコース図です。山上の遊園地付近でうろうろとしています。台風の影響でミスコースをしたのと、山頂三角点が遊園地内のしかも遊技場の中にあったので探すのに苦労したためです。笑

コースタイム・距離

コースタイム・距離

距離は10キロほどで時間は3時間超。ほどよい運動です。

難易度は初級〜中級といった感じでしょうか。山頂までゆっくり2時間程度かけて歩いて、1時間で下山ですね。

標高642mです。

標高図

生駒山登山標高図

標高図です。

それでは、スタートです!

鶴橋

鶴橋から近鉄に乗り換え。生駒山が見えてきました。

石切駅

近鉄石切駅に到着。スタート駅です。牧歌的な駅ですね。下車する人はごくわずか。

いしきりさん 石切駅

いしきりさんって、有名なんですね。恥ずかしながら始めて知りました。

駅を下りる

駅を出てすぐに横断歩道とファミリマートがあります。水分、食料の補給はここで済ませておきましょう。

山上遊園地に自動販売機はありますが、この時期は閉園期間中ですの食事を取るようなお店は開いていません。

観光案内図

観光案内図です。いしきりさんに寄ってもよかったのですが、今回はトレッキングが目的です。

石切駅からの風景

駅を出て真正面にファミリーマートがありますので、右方向に道路沿いに歩いていきます。

ここはすでに100mほどの標高。綺麗ですね。

登山口までの道

道が二股に別れますので、ここを右に。坂を登っていきます。

廃線

廃線?廃車庫?が出てきますので、直進。

登山口までの道その2

また坂が出てきますので、さらに直進。

登山口に到着

登山口に到着です。

生駒山登山スタート

トレイルヘッド イノシシ

イノシシも出没するようです。注意して歩きましょう。食べ物も落とさないように。

標識

頻繁にこのような案内が出てきますので、ゆっくり歩けば道迷いもないかと思います。

いわば

道もまあまあ広いです。

暖冬

今年は暖冬。まだ紅葉も見れますね。

青空

冬特有の抜けるような青空とまっすぐに伸びる木。やっぱり山はいいなー。1ヶ月に1度はデトックスに来ないといけないな。

生駒山トレイル くさか園地

くさか園地に到着。

ここから階段が増えます。

眺望

眺望も開けてきました。青のグラデーションがいいですね。

階段 休憩所

変わった形のベンチ?座りにくそう。

ベンチ

こちらはきちんとしたベンチ。

石切駅から生駒山上へのトレイルは休憩する場所はたくさんありますね。

ただ、自販機などは無かったように思いますので、水分は余裕を持って携行しておきましょう。

青空

標高も上がってきました。ここまで30分ほどでしょうか。

明石海峡

明石海峡も見えている!!

やはり師走の冬の空は澄んでいるのでしょうね。感動。

きのみ 生駒縦走路

生駒縦走路に合流。

小屋

小屋もあります。天気がいい日はゆっくり休憩も良いでしょうが、いかんせん寒い。

歩を進める。

こぶしの谷

くさか園地のこぶしの谷。

橋 分岐

分岐。

尾根

尾根に到着。ここからは標高もあまり上がらず、舗装路がメインになります。

平坦な道が多いので、歩くのは楽かな。

クリアな景色

綺麗すぎる。生駒山、さすがだな。

淡路島

淡路島も六甲山脈も見えてます。梅田の摩天楼すごいな。

休憩

ここで休憩。コンビニで買ったおにぎり、おやつを食べて、魔法瓶に入れたホット紅茶で一服。

あー、幸せ。

景色を楽しみながら10分ほどゆっくりしてると体も冷えてきたました。

仕方なく歩き始める。

尾根道

舗装路ですね。

池

池もありました。

石畳

石畳の道も出てきました。

椿

椿の花が散って絨毯みたい。素敵ですね。

この分岐が少しわかりにくい。

分岐

この2股を右に行きたくなりますが、行ってはなりません。

歩行禁止

歩行者は通行禁止とのこと。

通常ならここは通らないのですが、本来山頂へ向かうトレイルの入口が下の写真のように通行止めになっていましたので、どの道を選択すれば良いのか迷ってしまいました。

通行止め

これが本来のトレイルなのです。

困った困った。

トレイルで出会ったおじさんに聞いてみると、台風の影響で道が塞がれてしまっているとのこと。

ということで、一旦スカイラインの方まで歩いてみるも、やはり車道だけになってしまい、歩く場所が見つからず、引き返す。

少し遠回りになりますが舗装路を進むしかありません。

休憩スポット

ここも素敵な休憩スポットですね^^

ぬかた園地

ぬかた園地内を通って生駒山山頂を目指します。

地図 あじさい新道

生駒山上駅まであと1キロ。景色を楽しみながら歩いてたらあっという間でした。

苔むす岩

苔むす岩。陽光が差し込みとても綺麗です。

ぬかた園地マップ

ぬかた園地のマップ。

生駒山上遊園地 生駒山 生駒山上遊園地

生駒山上遊園地に到着。

この園内に生駒山山頂があるみたいです。笑

探すぞ〜。笑

MBS鉄塔

MBSの電波塔。

その他の放送響の電波塔が集約されていました。大阪と奈良の分岐の尾根ですしここは電波を発信するには最高の立地なのでしょうね。

園内

ここでもなし。

広場

ここでもなし。

スライダー

ウォータースライダー。笑

さすがにここはないだろう。

園内その2

なかなか見つけられず。山頂だから風が強くて寒い〜。。

あった!!!!

レール

わかりにく〜。笑

もしこのブログを見て生駒山にいかれる方は、この写真を保存しといたらすぐに見つけられると思いますよ。笑

生駒山上遊園地には猫ちゃんがたくさんいます。

ねこ

かわいい〜〜〜。

ご飯を求めて付いてきます。

茶色いねこちゃん

可愛すぎるやろ〜

餌

あいにく猫ちゃんにあげられるようなご飯もなく、我慢してもらいました。

園内で昼食を取っているハイカーさんがたくさんいましたので、ご飯には困っていないのかな。

今は休園中だからいいけど、開演期間はここの猫ちゃんたちはどこへいくのかな。

みんなで育てられてたらいいけど。

しかし、猫ってほんとにかわいいな〜。たまらん。

山頂にて思わぬところでほっこり気分。

下山します。

下山は近鉄額田駅方面へ。

下山 案内表示 案内表示

途中、額田展望台にも立ち寄りました。

ここも非常に綺麗な景色が望めます。暖かい時期はここでお弁当でも食べて昼寝でもできたら最高だろうな。

大阪一望

ひゃ〜。本当に綺麗ですね。

展望台その2

他にも展望台があります。

下山

かなり標高も下がってきました。

もうすぐ下山

下りてきました。

トイレ

広場になっていてトイレもあります。

額田1番出入口

この広場から額田駅は歩いてすぐです。

お疲れ様でした。

生駒山は気軽に登れるわりに眺望はかなりいいので、お山初心者の方にもおすすめです。

それでも700メートル近くの標高があるわけですから、きちんとした山の装備は必須ですが。

今回は生駒山山頂までいってピストンで下りてきましたが、機会があれば生駒山従走路も歩いてみたいなと思います。

生駒山山上遊園地の開園期間中に登るとまた違った楽しみ方もできるかもしれませんね。

生駒山山上遊園地:公式HP

以上、生駒山トレッキングレポートでした!